BLOG

バチカン

2016.04.23

 

!cid_48E0E36B-5EF0-44E1-9D70-B5C7F80207D5 !cid_B1D09ECC-6589-495E-839B-6AD53759271E

今日はバチカンのお話です。
バチカンといっても、それほどなじみはないですね。ネックレスのチェーンを通す金具のことです。
種類も色々ありまして(写真上)。ところで、なぜ「バチカン」というのでしょうか?
実は私も最初は知りませんでした。せいぜい、外来語だろうから、ローマにある「バチカン市国」に関係が?と、ロマンチックなことを考えていたものです。ところが違いました。
形をよく見ると、逆三角形。三味線のバチに似ていることから名付けられたようです。じゃ、「カン」は?
チェーンを通す「輪っか」、つまり「環」のことですからバチ環=バチカン。外来語でも何でもなかったわけです。たぶん、昔の日本の職人さんが考えたものでしょうね。
でも、バチカンは単なる金具ではありません。ネックレス全体に溶け込むように、つまり、ネックレスのデザインでもあります。三つのうち、いちばん右のように、デザインと完全に「一体化」してバチカンに見えないものも…もうバチカンとはいえないのかも…。
逆に、写真下のように素敵なバチカンもあります。

宝石・メガネ オチアイ
℡ 0968-43-2840

雨の日のドビュッシー

2016.04.22

!cid_1D4BB39D-3C48-4521-B758-7E14016B1C65

昨日とは一変して雨。
雨の日のBGMはジャズ・ピアノと決めていましたが、同じ雨の日でも、今日のシーンにはドビュッシーのピアノがピッタリ合いそうです。3月放送のTVドラマ「さよならドビュッシー」、面白かったですね。
ドビュッシーといえば、あの個性的なヘアスタイル…高校の音楽の時間、教科書の写真を見て、「へ~、マッシュルームだったんだ!」。そういえばレオナール・フジタもーふくらみは少ないけどーそうでした(当時、そういうネーミングがあったとは思えませんが)。
ドビュッシーも丸メガネが似合いそう!?
(TRACTION【LEON】:from France)

宝石・メガネ オチアイ
℡ 0968-43-2840

今日こそサングラス!

2016.04.20

!cid_9FBE5EDC-BBC8-4CAB-9E2D-E07BC4E8E7EF !cid_69EEEC89-EE15-49F3-B3D5-1B432F3B1345

いい天気になりましたね。今日はヴィンテージ(私物です)のご紹介です。
【BADA GRACE】。
1980年代、日本にまだオシャレなメガネブランドが存在しない時代に、革新的なデザインを発表し続けたブランドです。
それにしても、現在でもなかなかお目にかかれないデザインですね。マット・ゴールドのほとんど丸に近いオーバルで、何よりも、超特徴的な2(ツー)ブリッジ。このブリッジとテンプル(つる)には、精妙な幾何学模様が施されています。
こんな天気のいい日には、オシャレなサングラスで爽やか気分を満喫!

宝石・メガネ オチアイ
℡ 0968-43-2840

今しかない“歌声”

2016.04.18

!cid_71BFA3E0-607E-4225-8EE6-44A0D073A2C7

ボーイ・ソプラノですね。
「ボーイ・ソプラノ  ただひとつの歌声」。DVD で観ました。
人生の始まりのほんの一時期だけ、それも男の子だけに神が与えた声。「天使の歌声」といわれるゆえんでしょうか。
「ある朝、突然消えてしまう神秘的な歌声」、「向き合うべきは音楽。君たち自身だ」…ダスティン・ホフマンのセリフがカッコよかったですね。

宝石・メガネ オチアイ
℡ 0968-43-2840

贈る言葉

2016.04.15

!cid_DD098D40-71CF-42E9-B180-A6A36839BDF1

南洋白蝶貝のバロックパールです。
自然のちょっとした偶然で生まれてきました。
真珠の美しい輝きと、見る角度によって様々な表情を見せる個性的な…言いかえれば「この世に二つとない」形で、特にカジュアルとの相性はバッチリです。
それと、K18のフックが何ともキュートです!
でも、白蝶貝のお母さんに心から贈りたいですね…「大変でしたね、お疲れ様でした」…と。宝石・メガネ オチアイ
℡ 0968-43-2840

ページの先頭へ